Q&Aでは、お客様の疑問にお答えしています。

基本的にはお客様にお届けしてから1年間です。
次亜塩素酸の保存期間は3ヶ月程度ですので、ウイルス・ブロックは長くご使用いただけます。
容器をよく振って、マスクから12~20cm程度離して、
マスクの表側全体に、全体的に湿り気を帯びる程度に4~5回スプレーしてください。
マスクを装着する前に、マスクの表側にスプレーしてください。
スプレー後、乾燥させてご使用ください。24時間効果が持続します。
はい、効果があります。
手作りマスク、布マスク、使い捨てマスク、サージカルマスクなどにスプレーしてください。
マスクは様々な素材で作られており、特に手作りマスクは、そのままでは菌・ウイルスのブロックには不向きな構造をしています。
菌・ウイルスを分解・除去する『マスク専用スプレーウイルス・ブロック』のご使用を推奨します。
使用できます。
外出先から持ち帰った菌やウイルスを家に入れないためにも、外出した家族が触れた場所(家具など)を、スプレーすることを推奨致します。
1ヶ月に、1人1本(100ml)が目安です。
1ケース(12本)で1年使用できます。
1ヶ月に、1人1本(100ml)の使用を推奨しておりますので、「1ケース1年分=12本入り」にて販売しております。
例えば、個人で使用する場合は1年に1ケース、4人家族の場合は、1年に4ケースが必要です。
殺菌のために広く使用されているアルコールや次亜塩素は、肌が荒れると言われてます。
しかし、マスク専用スプレーウイルス・ブロックはそれらを使用しておらず、食品添加物が主成分(食品同等)なので安心してご使用いただけます。
また、日本食品分析センターの試験では、皮膚刺激性はありません。
マスクの表側にスプレーしてご使用ください。
マスク専用スプレーウイルス・ブロックの主成分は、歯磨き粉等に使用されているアパタイトや酸化チタンです。食品同等の安全性があります。
日本食品分析センターの試験で、急性経口毒性はありません。
稀に容器の底に黒い結晶が沈殿している場合がございます。
品質には問題ございませんのでよく振ってご使用ください。
加湿器であれば、原則 超音波タイプのもののみ使えます。量は加湿器の性能や加湿器の量調整になります。
定期的に掃除は必要ですがこれは水道水でも同様です。
アルコールや塩素系はその時のだけの効果ですが、ウイルス・ブロックについては酸化チタンの効果があるので、成分さえ残っていれば効果は持続します。
ドアノブなど、不特定多数の接触がある場合は、成分を持って行かれる可能性がありますが、キーボードやマウスのようなほぼ同じ人が触るものなら、その人の手が除菌状態であれば、ある程度持続する事は考えられます。